佐藤錦とは

佐藤錦
フルーツ界の宝石とも言われている、さくらんぼ佐藤錦
味・色艶が最高の品種でぷりっぷりの食感で本当に高級感ただよっていますよね。

そんなちょっとやそっとで手に入らない?
佐藤錦の誕生秘話など、もっと詳しくいろいろ知ることによってより一層美味しく味わえるのでは?

ここでは、佐藤錦についての詳しく説明しますね。


真紅の実でかむとジューシーな甘みが、口いっぱいに・・・・。

さくらんぼのなかで最も人気も高く、甘い「佐藤錦」は、果樹王国と呼ばれている山形県でもやはり特別な存在です。


この美しいフルーツ界の宝石、佐藤錦はどのようにして生まれたのでしょう。

佐藤錦の故郷の東根市は、最上川の支流である乱川(みだれがわ)の扇状地にあります。
扇状地という地質なので水はけが良過ぎて水田に向かず、昔から畑地として利用されていました。

明治の初め、当時の内務省が西洋果樹(さくらんぼも含む)の苗木を配布したのですが、どうも実が割れてしまって、日持ちもしない。
そんな関係で生産量は伸びませんでした。

「新しい品種を作れないか?」と考えたのが、事業に失敗したため、東根町(当時)の中心部から南方に移り住み、広大な松林を開墾する毎日だった佐藤栄助翁

好奇心が旺盛で果樹栽培が趣味だった彼は、果肉が固くて酸味のある「ナポレオン」と、甘いが保存の難しい「黄玉(きだま)」に目を付けました。

そして交配によりできた実を発芽させて苗木を作り、そのなかで良いものを移植して育成しました。

大正11(1922)年、初めて実がなり、さらに選別を重ねて2年後、ついに最も優れた原木の育成に成功しました。本格的に取り組んでから、なんと15年余りのちの話です

当初、新品種を「出羽錦」と名付けようとした栄助翁に対し、苗の販売業者さんが名前にちなんで「佐藤錦」としては、と提案。
砂糖のように甘いと喜び合ったことにも由来するそうです

こんな真っ赤なルビーのように色づいた高級さくらんぼを大切な人や、頑張った自分へのへの贈り物にしてはいかがですか!
コスメ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。