佐藤錦とは

佐藤錦
フルーツ界の宝石とも言われている、さくらんぼ佐藤錦
味・色艶が最高の品種でぷりっぷりの食感で本当に高級感ただよっていますよね。

そんなちょっとやそっとで手に入らない?
佐藤錦の誕生秘話など、もっと詳しくいろいろ知ることによってより一層美味しく味わえるのでは?

ここでは、佐藤錦についての詳しく説明しますね。


真紅の実でかむとジューシーな甘みが、口いっぱいに・・・・。

さくらんぼのなかで最も人気も高く、甘い「佐藤錦」は、果樹王国と呼ばれている山形県でもやはり特別な存在です。


この美しいフルーツ界の宝石、佐藤錦はどのようにして生まれたのでしょう。

佐藤錦の故郷の東根市は、最上川の支流である乱川(みだれがわ)の扇状地にあります。
扇状地という地質なので水はけが良過ぎて水田に向かず、昔から畑地として利用されていました。

明治の初め、当時の内務省が西洋果樹(さくらんぼも含む)の苗木を配布したのですが、どうも実が割れてしまって、日持ちもしない。
そんな関係で生産量は伸びませんでした。

「新しい品種を作れないか?」と考えたのが、事業に失敗したため、東根町(当時)の中心部から南方に移り住み、広大な松林を開墾する毎日だった佐藤栄助翁

好奇心が旺盛で果樹栽培が趣味だった彼は、果肉が固くて酸味のある「ナポレオン」と、甘いが保存の難しい「黄玉(きだま)」に目を付けました。

そして交配によりできた実を発芽させて苗木を作り、そのなかで良いものを移植して育成しました。

大正11(1922)年、初めて実がなり、さらに選別を重ねて2年後、ついに最も優れた原木の育成に成功しました。本格的に取り組んでから、なんと15年余りのちの話です

当初、新品種を「出羽錦」と名付けようとした栄助翁に対し、苗の販売業者さんが名前にちなんで「佐藤錦」としては、と提案。
砂糖のように甘いと喜び合ったことにも由来するそうです

こんな真っ赤なルビーのように色づいた高級さくらんぼを大切な人や、頑張った自分へのへの贈り物にしてはいかがですか!


さくらんぼの佐藤錦、購入なら早期割引でお得価格!

はじける甘みと酸味が絶妙なバランスの佐藤錦
爽やかな味わいは初夏の香りがいっぱい♪

鮮度バツグンの安心品質!もぎたてそのままの味!!

やっぱり一番人気があるのはなんといっても佐藤錦

satounisiki.gif


大正時代に生まれた佐藤錦、その後にもいろいろな交配で新品種がでてきましたが、今もって佐藤錦がサクランボの最高峰といわれています。

山形県の寒暖の差が激しく風が少ない盆地特有の気候がサクランボの栽培にとても適しているといわれています。

寒暖の差が激しいということで、気温の差によってサクランボはぐっと糖度が増し、風が少ないことによってサクランボのゆれが少なく傷が付きにくいってことになります。

同じような条件の土地は全国の産地でいろいろありますが、この地方の土地が一番サクランボ栽培に適しているといわれています。

糖度が高く、痛みの少ないとても美味しく見栄えのいいサクランボが収穫できるということです。
→→ 詳しくはココをクリック! ←←

※早期割引をしているようなところもあるので、要チェックです♪


楽天のポイントをためている人は・・・・
→→ こちらからどうぞ♪ ←←



佐藤錦についてのQ&A

ここでは、ネットでさくらんぼの佐藤錦をネットで注文した方からの疑問点などをピックアップしてみました。

Yahoo知恵袋や教えてGooなどで質問されて、経験された親切な方がそれに答えています。あなたの不安があるかもしれません。よろしければ参考にしてください。

(注意)決してこのサイトに掲載している販売店への限定ということではありませんよ。


:佐藤錦(さくらんぼ)について。
今日、ネットで注文した佐藤錦が届いたのですが、実が黄色く味も酸っぱく、「本当に佐藤錦なの?」と疑いたくなるような商品でした。
値段もけっこう高かったので、すごくガッカリしました。
佐藤錦というとすごく甘いというイメージでしたが、佐藤錦の中にも色々と品種があるのでしょうか?


:もしかすると、間違いかもしれません。販売店に問い合わせてみてはいかがでしょう?


ということで、質問された方は販売店に問い合わせをし、すぐに新しいものが届いたそうです。(よかった!よかった!!)

さくらんぼは全世界で1500種以上、日本で商品として栽培されているだけでも30種類前後あるといわれています。

  →→詳しくは、ココをクリック←←


:さくらんぼはりんごやみかんに比べてどうして値段が高いのですか?

:「りんごやみかん」と「さくらんぼ」を比較してみます。
りんごは10アール当たりの収穫量は3,000kgで1kg当たりの価格は
約250円で10アールあたり750,000円の売上となります。

しかし、肥料、農薬、箱代などを差引と農家のもうけは50%の375,000円
くらいとなります。

さくらんぼは10アール当たりの収穫量は500kgで1kg当たりの価格は
約1,800円で10アールあたり900,000円の売上となります。

りんごと同じように、肥料、農薬、箱代などを差引ともうけは45%の405,000円
くらいとなり、農家のもうけはりんごもさくらんぼも差がありません。

しかし、スーパーやデパートで売るときは、さくらんぼは全国的に数量が少ないため
値段を高くつけても売れます。そのためどうしても高値になると思われます。

りんごやみかんは収穫量が多いため高いと売れないために価格が安くなると思われます。
よって、さくらんぼは量が少ないために価格が高く、りんごやみかんは量が多いので
価格が安くなっていると思われます。


わかっていただけたでしょうか?
他にもまた質問などがあれば掲載しますね♪


コスメ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。